カマグラの効果ってそんなにスゴイ?でも副作用が心配…

カマグラがED治療薬として知られていますが、その効果や副作用って知っていますか?

EDは若い世代からご年配の方まで幅広い世代で増えていますが、直接的な原因は陰茎の血流が増えないこと。
カマグラには血行促進効果があり、それにより勃起を促しています。ED治療薬の中でも高い効果を持っているため、年代問わず多くのED男性に利用されています。

血行促進と聞くと体に良さそうなイメージがありますが、実はそれによって副作用も…。
EDを改善したいなら効果はもちろん、成分・副作用もしっかり把握しておいた方が安心してカマグラでED治療ができますよ。

【効果】カマグラの勃起レベルとは?

カマグラのすごいところは、なんといってもその勃起力!
ED治療薬の中でも、断トツの硬さを手に入れられます。
血行促進作用で、勃たなかった人でもここまで!?と思うくらいに硬くしてくれます。

効きはじめるまで30分から1時間で効いてくれるので、適度な即効性も嬉しいですね。

有効成分・シルデナフィルのココが頼れる!

正常な勃起とは…

性的興奮

脳から陰茎への神経伝達

サイクリックGMP増加

血管が拡張される

勃起

勃起のメカニズム

このような流れで勃起ができます。サイクリックGMPとは血管拡張効果のある物質
ED男性は、神経伝達がうまくいかなかったり、血行不良が原因で勃起ができません。
またサイクリックGMPを分解してしまう、PDE5という酵素の割合が多かったりするんです。

PDE5はけっして悪いものではありません。射精後に、PDE5の働きで勃起した陰茎を通常の状態に戻す大事な役割をしています。

カマグラの成分シルデナフィルは血管拡張効果と、別名「PDE5阻害薬」ともいわれており、PDE5の働きを抑えることにより、勃起を持続させる働きがあります。

EDはオジさんだけの病気じゃない!若年性EDもカマグラで解決

EDにはいろいろな原因があります。最近増えてきている若い世代に多いのが、ストレスやうつなど精神的理由からくるもの。
また加齢からくるEDには、生活習慣病や血管系の病気が原因で、血行不良を引き起こしてEDになるパターンもあります。

ほとんどのEDにカマグラは効果を期待できます。ただ血管拡張効果があるため、持病によっては副作用がひどくでてしまうことがあるので、お医者さんに確認してから飲むようにしましょう。

【副作用】カマグラを飲むと起こる体調不良

薬の副作用と聞くと、体に合っていないから起こるイメージですが、カマグラは効いているからこそ起こる副作用がほとんど。

・頭痛
・鼻づまり
・顔のほてり
・目の充血など

これらの副作用は、カマグラの効果が出ている証拠。
まれに危険な副作用も…。勃起しているから大丈夫!と思ったら大変なことになるかもしれません。
そうならないためにどんな副作用が起こるか知っていれば、不安も減ってED治療に集中できますよ。

血行促進作用による影響

カマグラの効果は主に血行促進効果。血流が陰茎に集まってスムーズな勃起ができますが、
その血行が促進されることによって起こる副作用があるんです。

カマグラで起こる副作用の頭痛

1番多く報告されているのが、頭痛です。
カマグラの効果で陰茎だけでなく全身の血管が拡張され、脳の血管も拡張されます。
その影響で拡張された血管が脳の神経を刺激し、頭痛につながるんです。

また鼻づまりも、頭痛についで多い副作用。
頭痛と同じく鼻腔内の血管が拡張され、鼻の通りが悪くなります。

どちらもカマグラが効いている証拠。薬がしっかり効いているんだとポジティブに捉えておきましょう。

ただあまりに痛みがツライ場合は、頭痛薬や鼻炎薬の併用はオッケーなので、カマグラを飲む時は用意しておくのも手です。

すぐに病院へ!持続勃起症の恐怖

血行促進作用以外で、気をつけて欲しい副作用に持続勃起症というものがあります。

性的興奮をしたら勃起するのがカマグラの正しい効果ですが、性的興奮もないのに勃起状態がずっと続くのは危険です。
痛みが伴って、4時間以上続く場合はすぐ病院へ!

最悪の場合、陰茎が壊死するおそれも!
持続勃起症が起こるのはかなり低い確率ですが、カマグラを飲み続けるなら覚えておいてくださいね。